アイプチのメリット・デメリットをまとめました

二重になるといえば、一昔前はアイプチというものが主流でした。なぜなら、安くて手軽にできるから。そのアイプチのメリット・デメリットについて調べてみました。

メリットとしては、やはりお手頃価格ということが上げられます。

お小遣い程度のお金でも買えるので、若い女の子たちにも人気です。

また整形手術などとは違って、手軽にできるというところもメリットの一つです。

自分で地道にできるというところが良いんですね。

では、デメリットはどうでしょうか?

アイプチを使うことで、まぶたが赤くなる、皮膚があれるというデメリットがあります。

せっかく二重になろうというのに、まぶたが赤くなってしまっては目元美人にはなれません。

また、アイプチで接着させることで、まぶたの皮膚が伸びてしまうということもあるんです。

のびてしまったら、整形手術などで治すしかないそうで、これもまた困ったものです。

こうしたデメリットが多く注目されてきて、今は、二重美容液というものが人気ですよね。

接着成分のほかに、美容成分や消炎作用などのある成分なども配合されていて、お肌にやさしい二重美容液ということで売り出されています。

手軽で簡単なアイプチだけど、使う前にもう一度考えてみたほうがいいかもしれませんね。

二重まぶたにしてアイシャドウやアイラインを引き、バッチリとメイクしていても

日中は汗をかいたりまばたきをしたりするので昼ぐらいからボロボロととれはじめ、夕方にはノリがとれたところは

化粧がなかったりと悲惨な状態になっていることもしばしば。

実はそれは順番が間違っていたからなのです!!

私は今まで、アイプチをしてくっきりと跡をつけてからアイシャドウを塗りアイラインをひいていました。

それは、最初にアイシャドウを塗ると、肌に直接アイプチを塗るよりも粘着力が落ちちゃう気がしたのです。

でもこれは間違いでした。

正しいのは、アイシャドウをしてからアイプチをする!これだけです。

アイプチの粘着力はかなりあるようで素肌に塗ろうがアイシャドウをしてから塗ろうがあまり変わらないそうです。

それよりも、アイシャドウを上から塗ってしまうと二重にするラインの溝にパウダーが埋まってしまいゆるい二重になって

とれやすくなってしまうんだとか。

一度試してみてくださいね。
ダイエット